余裕のある時はマクサルト!普段は鎮痛剤のリザクトで我慢

鎮痛剤について

頭痛や関節痛に悩まされた時、市販されてる薬を飲んだけど効果が薄くすぐにまた頭痛がやってきて仕事や育児どころではないなんて体験したことはありませんか?
片頭痛に関しては、中等から重度まで3段階在り日常生活等に支障を来す疾患で国際の頭痛学会によると推定の患者数は大凡800万人にも上るとされてます。
そんな時に役立つのが鎮痛剤のマクサルトと呼ばれる経口型であるトリプタン系の対片頭痛薬でこの薬は、アメリカの製薬会社メルクが開発し片頭痛に対して即効性があり、効能は片頭痛の発作時に拡張してしまった血管を収縮し炎症を抑える作用があるので速やかに効果が浸透します。飲むタイミングによっては早いもので30分も足らずで症状が改善されます。
2003年に承認されてから水なしでの服用が可能なマクサルトRPDも開発されてます。
国内で実施された副作用の試験においては20パーセントが認められており主に眩暈や口渇、脱力感が報告されていて心筋梗塞や脳血管障害、高血圧の方に対しては服用をすると重度な副作用が現れるとの事ですので用法をよく調べ服用するのをお薦めします。
お財布事情でもっと安く先発と同じ効果を得たいと考えてる方はマクサルトのジェネリックであるリザクトを紹介します。
リザクトは生産国がインドのシプラ社から販売されていて効果は有効成分のリザトリプタンが、神経伝達質に直接、作用を働きかけるので迅速な痛みの緩和が実現でき先発とはほぼ同等な効力を発揮してくれコストパフォーマンスの面でも安くなっているのでリザクトは大人気の鎮痛剤となってます。
服用の方法は一日に1回1錠を水、ぬるま湯と一緒に服用し注意点は1日の服用可能上限量は2錠までです。
効果が現れないからと言って錠数を増やしての服用は危険であり、服用時間は2時間以上の間を空けてから飲んで頂き胃腸を保護する意味でも胃の中をなるべく入れてから服用をお願いします。
医療の進歩で現在では様々な種類の鎮痛剤が存在しておりますので自分のカラダに対してどれが一番適性なのかを試してみるのも如何ですか。